TOP >  中野石材ブログ >  文字彫り > 工場にて文字彫り作業を行いました

工場にて文字彫り作業を行いました

2016年3月6日 | 文字彫り

最近暖かくなってきましたが、気温の変化に体調などは崩されてはいないでしょうか?

お彼岸も近づいてきましたが、今日は工場にてお墓の文字彫りをおこないました。

036

上の写真は、今度建立するお墓(洋墓)の文字彫り前の写真です。

まず紙ベースで原寸大で文字を彫るための原稿を作成し、お客様に誤字脱字やバランスの

確認をしていただきます。

確認が取れれば、原稿が書かれたゴムを石に張り付け、文字を彫る部分を切り抜いて

文字彫りをする準備は完了です。

001

この写真は、追加文字彫りのためにお墓から引き揚げてきた霊標です。

すべて法事や納骨までにという形でご依頼を受けているものばかりです。

現場彫りという形もありますが、当社では極力自社工場に持ち帰り文字彫りを

しています。

やはりコストはかかりますが、きっちりと丁寧にさせていただきたいという思いで

持ち帰っています。

 

他のメリットとして、別途費用が掛かりますが、霊標やそのすでに彫ってある文字に

コケや汚れなどが付いていたり、長年の雨風で文字のいろが取れていたりしていることが

あるので、それを一度工場でキレイに洗浄をして、乾いてからまたキレイに文字の色を

入れなおすこともできます。

見違えるようにキレイになりますよ。

 

当社ホームページに、リフォームの所で載せていますので一度ご覧になってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です