TOP >  中野石材ブログ >  寺院・神社 > 神社玉垣の移設工事

神社玉垣の移設工事

2018年2月3日 | 寺院・神社, 石工事
040

約20年以上前に当社が施工した玉垣を、神社建て替えと土地の拡張に伴い、移設のご依頼をいただきました。

 

041

前回の工事も玉垣のみの建て替えでしたので、延石は古い石のままでしたので、傷みもひどくおまけに地元の柔らかい石を使っているので、少しでも扱いが悪ければ欠けたり折れたりしてしまう石なので、非常に難しい工事になりました。

 

054

周りの基礎や土間コンクリートを解体していきます。

 

055

延石が細かくしかも長さがバラバラで繋いでいたのでバラすのはいいですが、次に据え付けるときが大変な予感。

 

056

想像以上にバラすのに苦労しましたが、無事に全部取り外すことができました。

 

2017-08-08 202455

延べ石の1ブロックずつ慎重に据え付けていきます。

高さや水平、ステンレスの横棒の合口を合わせるなど、一番神経の使う作業です。

 

2017-08-09 212031

すべての玉垣の据え付けが完了し、これで工務店さんに現場を引き継ぐことができます。

神社の本殿が完成すれば、次は第2期工事の新設玉垣の工事に取り掛かります。

またそちらも完成すれば、ブログにアップしたいと思います。